3月2日の今日は何の日?記念日・雑学・誕生日の芸能人まとめ!

3月2日-何の日

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

3月2日の今日は何の日なのか気になりますね!

たくさんの記念日が制定されており、多くの芸能人の誕生日でもあります。

今回は3月2日が何の日なのか・3月2日が誕生日の有名人もまとめてみました!

目次
スポンサーリンク

3月2日は何の日?記念日や雑学

何の日?
日向ネコ

3月2日って何の日か気になって眠れません!

太陽くん

この記事を読めば安眠できるよ!さっそく確認しよう!

ミニの日

ミニクーパー

おしゃれでかわいいと人気の輸入車「ミニクーパー」の輸入元でもあるBMWジャパンが制定しました。
この日はミニクーパーだけではなく、小さいものやミニチュアを愛そうという日として記念日になっています。

3月2日ではミニクーパーのイベントがたくさん企画されており、BMWのディーラーではミニクーパーを試乗することで限定のグッズがもらえたり、成約の際には特別なプレゼントがされたりします。

また各地で車両展示会などの行われている地域もあります。

日向ネコ

ミニクーパーをお得に買うならこの日が良いかもね!

太陽くん

最近のミニクーパーはファミリー層にも力を入れているから
家族用の車にも良いね!

春のサニーレタスの日

サニーレタス

全国農業協同組合連合会福岡県本部が制定しました。福岡県の冬春期間(11月~5月の間)はサニーレタスやグリーンリーフなどの有名な産地で3月には気温上昇に伴い、出荷最盛期となります。

またサラダの売り出しも多くなるため記念日を制定し、量販店やスーパーなどでの販売促進と消費拡大が目的とされています

日付は3と2で「サ(3)ニー(2)」と読むことから決められました。

日向ネコ

暖かくなると野菜の育ちも良いんだね!

太陽くん

3月からは野菜が安く買えるかもしれないね!

スポンサーリンク

meethの日

化粧品の開発、製造、販売をしている株式会社meethが制定しました。

日付は3と2で「ミー(3)ス(2)」と読むことから決められました。

「美肌は最高のジュエリー」をコンセプトととして掲げており、アジアのすべての女性の肌を美しくすることを目指しているブランド「meeth」をより多くの人に知ってもらうのが目的とされています。

日向ネコ

この記念日には化粧品の無料モニターも募集されるみたいだよ!

太陽くん

気になる人はこれをきっかけに使用してみても良いね

スーツを仕立てる日

スーツ

「TOKYO SUIT AWARD」を主催ている株式会社FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)が制定しました。

この日は学生が初めて社会人になるときにスーツを仕立てる際に、不安と期待でいっぱいの新生活の一部であるスーツ生活をスタートする気持ちを高め、働くことに向き合ってもらう日とするのが目的とされています。

日付は3と2で「スー(3)ツ(2)」と読むことから決められました。

日向ネコ

スーツを着こなせる人ってかっこいい!

スポンサーリンク

ミニストップの日

ミニストップ

コンビニエンスストア「ミニストップ」を展開するミニストップ株式会社が制定しました。

生活のすぐ近くにあるミニストップの便利さや食べ物のおいしさを、より多くの人に知って、親しんでいただくこと、そして喜んでいただくのが目的とされています。

日付は3と2で「ミ(3)ニ(2)ストップ」と読むことから決められました。

太陽くん

お店の名前はちょっと立ち寄れるところという意味の
「MinuteStop(ミニットストップ)」から来てるんだよ!

日向ネコ

スイーツも美味しいし休めるからちょっと立ち寄るにはちょうどいいよね!

ご当地レトルトカレーの日

カレー

一般社団法人ご当地レトルトカレー協会が制定しました。

全国各地にあるレトルトカレーを通して各地域の魅力やレトルトカレーのおいしさを多くの人に知ってもらうのが目的とされています。

日付は「カレーの日(1月22日)」、「レトルトカレーの日(2月12日)」であることから、1月、2月そして3月と、22日、12日と繋がっているため3月2日を記念日としました。

日向ネコ

全国でレトルトカレーってどれくらいあるのかな?

太陽くん

確認できる範囲でも400種類以上はあるって言われているよ!

日向ネコ

そんなにあるんだ!?

太陽くん

北海道のご当地カレーなんかは「北海道ハスカップカレー」
なんかもあって、魅力的な商品ばっかりだよ!

スポンサーリンク

少額短期保険(ミニ保険)の日

一般社団法人日本少額短期保険協会が制定しました。

この日は少額短期保険の認知度向上と普及促進を目的としています。
日付は3と2で「ミニ」と読むから決められました。

少額かつ期間が短期の保険で構成されていて、シンプルで加入しやすいことが人気となっています。

ミニーマウスの日

ミニーマウス

夢と魔法を与えてくれるウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が制定しました。
日付は「ミ(3)ニー(2)」と読むこと、女の子の節句「ひな祭り」と同じ時期に重なることから決められました。

可愛くて女の子らしく、オシャレや楽しいことが大好きなミニーマウスの魅力を伝え、仲良しの女ともだち同士が素敵な時間を過ごすことを応援する目的とされています。

ディズニーショップやディズニーランドでは様々なイベントが企画されており、限定グッズなどはすぐに完売してしまうほどの人気です。

スポンサーリンク

サニの日

インナーウェア、アウターウェアなどの繊維製品製造業を行っている株式会社ワコールが制定しました。
日付は3と2で「サ(3)ニ(2)」と読むことから決められました。

生理期間をより楽しく快適に過ごすため、使用する人にとって必要な機能を持ったサニタリーショーツ
をPRすることを目的
とされています。また女性たちが自身の体について考える日との願いも込められています。

ミニぶたの日

ミニブタ

2002年に設立された日本ペットミニぶた普及協会が制定しました。

日付は「ミ(3)ニ(2)」と読むことから決められています。
かわいいペットとして「一家に1頭」というコンセプトのもと、ミニブタの飼育を普及させることを目的としています。

後楽園開園記念日

後楽園

記念式典が行われた3月2日を岡山県が「開園記念日」に制定しました。
1884年3月に岡山県岡山市にある「後楽園」が開園し、一般に公開されました。

日向ネコ

後楽園って広いねー

太陽くん

後楽園の広さは東京ドームの約3倍もあるんだ!

日向ネコ

そんなに広ければ一日そこで過ごせちゃうね!

太陽くん

ちなみにこの記念日は入園料が無料になっているよ!

中国残留孤児の日

1981年3月2日に初めて中国残留日本人孤児が、厚生省の招待で来日しました。

※中国残留孤児とは

第2次大戦後に様々な理由により日本に帰国できず、中国に残されてしまった日本人孤児のことを言います。

来日した中国残留日本人孤児が肉親との血縁関係確認をし、帰国をします。
しかし、中国での生活が長く日本語が話せず仕事に就けないなどのことが起きてしまいました。
現在はその窮状を支援するため、さまざまな支援団体が手を取り合い、中国残留日本人孤児の支援を続けています。

日向ネコ

戦争によって離れ離れになっちゃったんだね・・・

太陽くん

だけど政府も頑張ってくれて2016年の段階では孤児2818名のうち1284名の身元が判明することが出来たみたいだよ。

スポンサーリンク

遠山の金さんの日

遠山の金さん

1840年3月2日に遠山の金さんと呼ばれていた「遠山金四郎景元(とおやま きんしろう かげもと)さん」が江戸北町奉行に任命されたことを記念して制定されました。

町奉行(まちぶぎょう)とは

江戸時代の職名で、領内の都市部(町方)の行政・司法を担当する役職です。

日向ネコ

遠山の金さんと言えば右腕にある「桜吹雪」の彫り物だよね!

太陽くん

実は「右腕のみ」だけじゃなく「左腕に花模様」だったり「桜の花びら1枚だけ」、「全身くまなく」といろいろな説が出てきてるんだ。

日向ネコ

そうなの?
てっきり右腕だけかと思ってた。

太陽くん

当時はそもそも奉行で入れ墨はNGだったみたいだから、あったとしても隠していたかもしれないね!

出会いの日

出会い

株式会社カラットクラブの代表でライフアップコンサルタント、マリッジカウンセラーの岡野あつこさんが制定しました。日付は出会いを意味する「ミー(3)ツ(2)」(meet)と読むことから決められました。

この日は出会いは友情や愛を生み、人との出会いに感謝して新たな愛を育む日を目的としています。

Life2.0の日

マニュライフ生命保険株式会社が制定しました。
日付は一年を通じて自分が何かを始める日との意味を込めて毎月の2日を記念日と決めました。

マニュライフ生命保険株式会社では未来を前向きに自分らしく行動する生き方を「Life2.0」と名付けています。
そしてこの日は未来について考えるきっかけの日としてもらうことが目的としています。

「Life 2.0 ガイド」もあり、自分らしく行動する生き方を「Life 2.0」とし、保険会社ならではの発想や未来のことを考えるプランで、健康で豊かな自分らしい人生を過ごすためのお手伝いをしてくれます。

スポンサーリンク

3月2日が誕生日の有名人

誕生日

1300年代~1800年代

1316年 - ロバート2世 (スコットランド王)
1459年 - ハドリアヌス6世(第218代ローマ教皇)
1681年 - 松平吉邦 (越前福井藩第8代藩主)
1758年 - 牧野忠義 (越後三根山領主)
1760年 - カミーユ・デムーラン (フランス革命期のジャーナリスト)
1770年 - ルイ=ガブリエル・スーシェ (ナポレオン戦争期のフランス軍元帥)
1782年 - 永井直方 (大和新庄藩第5代藩主)
1793年 - サミュエル・ヒューストン (政治家)
1810年 - レオ13世 (第255代ローマ教皇)
1824年 - ベドルジハ・スメタナ (作曲家)
1851年 - フランツ・フォン・リスト(刑法学者)
1859年 - ショーレム・アレイヘム (劇作家、小説家)
1876年 - ピウス12世 (第259代ローマ教皇)
1880年 - 米内光政 (政治家、第37代内閣総理大臣)
1880年 - 田中貢太郎 (作家)
1882年 - 坂本繁二郎 (洋画家)
1886年 - 田中秀央 (西洋古典学者)
1892年 - 尾形藤吉 (騎手、調教師)
1892年 - 杉野芳子 (ファッションデザイナー、教育者)
1892年 - ニコライ・ネフスキー (言語学者、民俗学者)
1894年 - アレクサンドル・オパーリン (化学者)
1894年 - 村田実 (映画監督)
1897年 - 加藤シヅエ (婦人運動家、政治家)

スポンサーリンク

1900年代~1990年代

1900年 - クルト・ヴァイル (作曲家)
1902年 - モー・バーグ (プロ野球選手)
1903年 - 森本六爾 (考古学者)
1904年 - ドクター・スース (作家)
1907年 - 両國梶之助(力士)
1909年 - メル・オット (プロ野球選手)
1910年 - 岩本裕 (仏教学者)
1913年 - モート・クーパー (プロ野球選手)
1914年 - マーティン・リット (映画監督)
1917年 - デイビッド・グーディス (小説家)
1917年 - ジム・コンスタンティー (プロ野球選手)
1918年 - 美川陽一郎 (俳優)
1919年 - タマーラ・トゥマーノワ (バレエダンサー)
1919年 - ジェニファー・ジョーンズ (女優)
1921年 - 三隅研次 (映画監督)
1921年 - 天野公義 (政治家)
1921年 - エルンスト・ハース (写真家)
1922年 - 李俊 (映画監督)
1924年 - 岡田茂 (映画プロデューサー)
1924年 - カル・エイブラムス (プロ野球選手)
1925年 - 佐伯有清 (歴史学者)
1926年 - 宮城野由美子 (女優)
1926年 - マレー・ロスバード (経済学者、歴史学者、政治哲学者)
1926年 - ジョージ・P・L・ウォーカー (地質学者、火山学者)
1927年 - 渡辺晋 (渡辺プロダクション創設者)
1927年 - 神坂次郎 (小説家)
1928年 - 伊藤茂 (政治家、運輸大臣)
1929年 - 和田一夫 (実業家)
1930年 - 保富康午 (作詞家)
1930年 - 吉原功  (プロレスラー)
1931年 - 青木望 (作曲家、編曲家)
1931年 - トム・ウルフ (作家)
1931年 - ミハイル・ゴルバチョフ (政治家)
1931年 - 藤木悠 (俳優)
1932年 - ハンベルト・フェルナンデス (元プロ野球選手)
1932年 - 高橋たか子 (小説家)
1935年 - 山本耕一 (俳優)
1935年 - 吉田剛 (脚本家)
1936年 - 近藤和彦 (プロ野球選手、監督)
1937年 - アブデルアジズ・ブーテフリカ (アルジェリア大統領)
1938年 - リカルド・ラゴス (政治家)
1939年 - 島津貴子 (島津久永夫人、昭和天皇五女、明仁上皇の末妹)
1942年 - ジョン・アーヴィング (小説家)
1942年 - ルー・リード (ミュージシャン)
1942年 - 末次利光 (元プロ野球選手)
1943年 - 柳瀬尚紀 (英文学者)
1943年 - 出水憲 (俳優)
1945年 - 森下哲夫 (俳優、声優)
1947年 - 三遊亭小遊三 (落語家)
1947年 - 中村英一 (アニメーター)
1947年 - みなもと太郎 (漫画家)
1947年 - ハリー・レドナップ (元サッカー選手、指導者)
1947年 - ユーリ・マチャセビッチ、数学者
1948年 - 五街道雲助 (落語家)
1948年 - 林家時蔵 (落語家)
1948年 - ロリー・ギャラガー (ミュージシャン)
1948年 - ラリー・カールトン (ギタリスト)
1948年 - アンドレイ・リンデ (物理学者)
1950年 - カレン・カーペンター (カーペンターズ)
1953年 - 松下賢次 (アナウンサー)
1953年 - 加藤光久 (実業家)
1953年 - 北側一雄 (政治家)
1953年 - 斉藤滋宣 (政治家)
1953年 - ラリー・ウルフ (元プロ野球選手)
1954年 - 剣幸 (女優)
1954年 - 吉沢京子 (女優)
1954年 - 高島雅羅 (声優)
1955年 - 佐々木知子 (政治家)
1955年 - 日向明子 (女優)
1956年 - 藤原仁 (元プロ野球選手)
1958年 - イアン・ウーズナム (ゴルファー)
1959年 - 石田和明 (漫画家)
1961年 - 桜玉吉 (漫画家)
1961年 - 中島俊一 (ボクサー)
1961年 - シモーネ・ヤング (指揮者)
1962年 - ジョン・ボン・ジョヴィ 歌手、作曲家、俳優(ボン・ジョヴィ)
1962年 - 森岡浩之 (SF作家)
1963年 - 井上祐二 (元プロ野球選手)
1963年 - アンソニー・アルバニージー (政治家、オーストラリア首相)
1967年 - 段田男 (演歌歌手)
1967年 - 安田弘之 (漫画家)
1967年 - 南夕花 (女優)
1967年 - レオ・ゴメス (元プロ野球選手)
1968年 - 伊沢利光 (ゴルファー)
1968年 - 鏡リュウジ (心理占星術研究家、翻訳家)
1968年 - ダニエル・クレイグ (俳優)
1970年 - 朝基まさし (漫画家)
1971年 - 水田薫 (アナウンサー)
1971年 - 三上弥 (アナウンサー)
1971年 - 豊田真奈美 (プロレスラー)
1972年 - 魚住りえ (アナウンサー)
1972年 - マウリシオ・ポチェッティーノ (元サッカー選手、指導者)
1972年 - 藪下めぐみ (プロレスラー、総合格闘家、柔道家)
1973年 - 秋田禎信 (小説家)
1973年 - 島崎和歌子 (タレント)
1973年 - デヤン・ボディロガ (元バスケットボール選手)
1974年 - 中田大輔 (トランポリン選手)
1974年 - アンソニー・サンダース (元プロ野球選手)
1975年 - イ・ソンギュン (俳優)
1975年 - 中森友香 (タレント)
1975年 - 芳賀紀行 (オートバイレーサー)
1975年 - 大橋恵 (作曲家)
1976年 - 岩木山竜太 (力士)
1976年 - 片倉真二 (漫画家)
1976年 - 湶尚子 (タレント)
1977年 - 松田大輔 お笑い芸人(東京ダイナマイト)
1977年 - 石山繁 (騎手)
1977年 - 中倉彰子 女流棋士 (将棋)
1977年 - クリス・マーティン ミュージシャン(コールドプレイ)
1978年 - 御船健 (俳優)
1978年 - ヒース・ヒーリング (総合格闘家)
1978年 - ライアン・ヤンキー (フィギュアスケート選手)
1979年 - ダミアン・ダフ (元サッカー選手)
1979年 - 樫の木ちゃん (漫画家)
1979年 - セルゲイ・ダヴィドフ (フィギュアスケート選手)
1980年 - 優木まおみ (タレント、グラビアアイドル)
1980年 - 石川伸一郎 (俳優)
1980年 - レベル・ウィルソン (女優、コメディアン)
1981年 - 安居剣一郎 (俳優)
1981年 - 二本柳壮 (騎手)
1981年 - ブライス・ダラス・ハワード (女優)
1982年 - フェドール・アンドレーエフ (フィギュアスケート選手)
1982年 - ベン・ロスリスバーガー (アメリカンフットボール選手)
1982年 - ケヴィン・クラニー (サッカー選手)
1983年 - 千葉れみ (女優)
1983年 - 鷲巣あやの (グラビアアイドル)
1983年 - 加藤隆行 (元プロ野球選手)
1983年 - ペトル・ハルチェンコ (フィギュアスケート選手)
1983年 - グレン・パーキンス (プロ野球選手)
1984年 - 茂木弘人 (サッカー選手)
1984年 - 鄭大世 (サッカー選手)
1985年 - 平松奈々 (アナウンサー)
1985年 - 濱田玲 (ファッションモデル)
1985年 - マキシム・ザボジン (フィギュアスケート選手)
1985年 - レジー・ブッシュ (アメリカンフットボール選手)
1985年 - ジム・ネグリッチ (プロ野球選手)
1985年 - 石神直哉 (サッカー選手)
1985年 - バド・ノリス (プロ野球選手)
1986年 - 秋田真琴 (女優)
1986年 - 小倉星羅 (アナウンサー)
1987年 - 横山友美佳 (バレーボール選手)
1987年 - ジョフリー・ヴァーナー (フィギュアスケート選手)
1988年 - 伊澤麻璃也 (女優)
1989年 - 亜里沙 (女優、グラビアアイドル)
1989年 - マルセル・ヒルシャー (アルペンスキー選手)
1989年 - エドガー・ララ (プロ野球選手)
1990年 - 浅野祥 (津軽三味線奏者)
1990年 - 早川諒 (俳優)
1990年 - Alice (歌手)
1990年 - イ・ホンギ (歌手)
1990年 - ルイス・アドビンクラ (サッカー選手)
1990年 - ルーク・コムズ (カントリー歌手)
1991年 - 川島絢子 (ファッションモデル)
1991年 - 山中拓也 ミュージシャン(THE ORAL CIGARETTES)
1992年 - 里見香奈 (女流棋士)
1993年 - 船岡咲、女優 (ファッションモデル)
1993年 - 山中真由美 (グラビアアイドル、タレント)
1993年 - ホセ・アドリス・ガルシア (プロ野球選手)
1993年 - 永野将司 (元プロ野球選手)
1994年 - 宮内龍汰 (サッカー選手)
1994年 - 岡本菜摘 (声優)
1994年 - サイード横田仁奈 (新体操選手)
1994年 - ジェームズ・カプリーリアン (プロ野球選手)
1995年 - 小林麗菜 (タレント)
1996年 - 浅石莉奈 (女優)
1997年 - 川尻蓮 アイドル(JO1)
1998年 - トゥア・タゴヴァイロア (アメリカンフットボール選手)
1999年 - 吉井美優 アイドル(元26時のマスカレイド)
1999年 - 加世田梨花 (陸上競技選手)
1999年 - 小室瑛莉子 (フジテレビアナウンサー)
1999年 - 谷口彩菜 (グラビアアイドル、女優)

2000年代

2001年 - 後藤希友 (ソフトボール選手)
2001年 - 山田南実 (グラビアアイドル)
2002年 - ウォンビン ボーイズグループ(RIIZE)
2003年 - 瀧澤翼 (俳優)
2003年 - 喉押さえマン (ものまねタレント)
2003年 - キム・ダヨン アイドル (Kep1er)
2009年 - 仲邑菫 (囲碁棋士)
2010年 - 飯尾夢奏 (女優)

スポンサーリンク

まとめ

以上となります。

3月2日が何の日かというと

  • ミニの日
  • 春のサニーレタスの日
  • meethの日
  • スーツを仕立てる日
  • ミニストップの日
  • ご当地レトルトカレーの日
  • 少額短期保険(ミニ保険)の日
  • ミニーマウスの日
  • サニの日
  • ミニぶたの日
  • 後楽園開園記念日
  • 中国残留孤児の日
  • 遠山の金さんの日
  • 出会いの日
  • Life2.0の日

と15個もの記念日が制定されていました!

3月2日が誕生日の有名人も多かったですね。

この記事が楽しんでいただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次